住宅FC契約をすれば有名企業のブランド力で仕事がしやすくなる

家の模型

地域密着型の工務店に最適な住宅FC

胸に手を当てる男性

地域に密着した工務店は事業規模が小さく、安定した経営基盤を構築することが大きな課題です。確かに自社の技術力に優れた大工が質の高い家を建てることも可能ですが、住宅FCへの加盟で均質な家を建てることも大切です。特にブランド力のあるハウスメーカーの住宅FCに加盟することで、地域内での住宅建築の受注件数を大幅に増やせるようになります。しかし加盟するFCを選ぶ場合には、個別の工務店の経営スタイルや地域のニーズを考える必要があります。特に若い世代が多く居住する地域では、お洒落なデザインが魅力的な住宅FCを選ぶことが肝心です。輸入住宅に強い会社のFCに加盟すると、30歳前後の施主からの受注につなげることができます。
また住宅のブランド力を重視してFCを選ぶ会社がある一方で、サポート体制を重視している経営者も多いです。特に技術指導や経営指導が充実しているFCは、業績が伸び悩んでいる施工会社のオーナーにも大人気です。クオリティーの高い家を建てる一方で、建築コストをできるだけ抑えることも重要です。そのために自社工場で質の高い建材を製造している企業のFCへの加盟を通じて、価格競争力を高めたいと考える工務店経営者も増えています。